読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【三谷幸喜】作品について ~『12人の優しい日本人』~

 

 

前回は途中で終わってしまったので、今回は…

 

 

 

12人の優しい日本人

 

 


f:id:min5minmin:20170117200928j:image

 

 

【あらすじ】

ある陪審審理のために、素性も考えも裁判への意気込みも全く異なる、12人の一般市民が陪審員として会議室に集められた。

評決は全員一致が原則である中、最初の決で12人全員が『無罪』に挙手。呆気なく審議終了・解散となりかけたところ、陪審員2号が「話し合いがしたいんです」と言って意見を『有罪』へと翻す。いざ話し合いが始まってみると、意見があやふやな人・参加意欲の乏しい人・付和雷同な人・意固地な人・・・。議論するたび、有罪無罪の決をとるたびに各自の考えは二転三転。

こんな状況で、『良くも悪くも日本人らしい12人』がある男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わす。

Wikipedia丸パクリ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wikipediaを運営してる方々に菓子折り持って感謝状渡して来いっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもワンシチュエーションムービーで、私が初めて三谷幸喜という男を知った時でした!

 

 

 

旦那さまのTと観たんだけど、笑って笑って…何回も何回もリピしては爆笑してたなぁ…

 

懐かしい…♡

 

二人して、小ネタを探しては爆笑!そこを少し巻き戻してリピしてまた爆笑!!

日常会話の会話の中でも、映画の中の台詞をパクって、また二人で笑って…笑

 

 

二人にとって、とっても思い出深い作品なんだよね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回書いた『ラヂオの時間』もこの『12人の優しい日本人』も限られた空間と限られた時間の中の人間模様が素晴らしい作品!

特に、カメラに写っていないところの人たちの動きなんかは、秀逸です!!!

 

 

 

 

 

 

是非、ご覧あれ♡