読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【三谷幸喜】の作品について ~『ラヂオの時間』~

映画

 

 

意外と好評なので、映画の紹介を再び…♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ!?何指標?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、こんな時にふさわしい台詞があります…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:min5minmin:20170114203923j:image

 

 

 

 

こんな感じの私なので、映画ネタはしばらく続くぞー!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は映画というか、監督さんかな♪

 

 

 

 

三谷幸喜

 

 

 

 

 

 

 

(出るぞ…得意のWikipediaからの丸パクリ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画監督だけではなく、数々の脚本家さんで、誰もが知ってる方だと思います。

ざっと有名な作品を…

 

 

 

 

(おっと、Wikipedia情報くるかぁ~?!)

 

 

 

 

 

【ドラマ】

やっぱり猫が好き

振り返れば奴がいる
警部補・古畑任三郎 シリーズ
王様のレストラン
総理と呼ばないで
今夜、宇宙の片隅で
新選組!
真田丸

 

 

【映画(監督作品) 】
ラヂオの時間
みんなのいえ
THE 有頂天ホテル
ザ・マジックアワー
ステキな金縛り
清須会議
ギャラクシー街道[21]

 

 

【映画(その他参加作品) 】
12人の優しい日本人
マルタイの女
竜馬の妻とその夫と愛人
笑の大学

Wikipedia参照)

 

 

 

 

 

もう少し詳しく知りたい方はWikipediaを見てくださいね!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチでWikipediaかいっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ドラマの『振り返れば奴がいる』の脚本を手掛けていたなんて驚き!

三谷さんと言えば、どうしてもコメディが付き物…って思ってたので。

でも、『振り返れば奴がいる』でも案の定コメディな部分を入れたらしいんですが、シリアスな医療ドラマという事で、三谷さんの知らないとこで手直しされたみたいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、これもWikipediaに書いてあったんですけどね~笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おんぶに抱っこだなぁ!おいっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三谷幸喜作品の中でも、好きな作品はたくさんあります!

 

 

ドラマでは、『古畑任三郎』『王様のレストラン』これは誠に秀逸だと思います!!!

 

映画では、『ラヂオの時間』『ザ・マジックアワー

 

他にも、『笑の大学』『12人の優しい日本人

 

ここまで絞るのも大変なほど、面白い作品ばかりです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は…その中でも『ラヂオの時間』と『12人の優しい日本人』を…

 

 

 

 まずは…

 

 

 

 

ラヂオの時間

 

 

 
f:id:min5minmin:20170116191855j:image

 

 

 

【あらすじ】

とあるラジオ局「ラジオ弁天」で、普通の主婦である鈴木みやこが脚本を手がけた作品が、初めてラジオドラマで使われることになった。ドラマは生放送で、熱海を舞台にした平凡な主婦と漁師の恋の物語。

リハーサルも成功しプロデューサー牛島龍彦の言葉にみやこは期待を寄せるが、主演女優である千本のっこのワガママから端を発し、放送直前で次々と脚本に変更が加えられていく。SEも間に合わず、途中で辻褄が合わなくなってしまうことを知るが、生放送中なのでやり直しが効かない。急場を凌ぐ形で、様々な設定を変更して辻褄を合わせていった結果、次々と様々な問題が浮上して来る。そしてラストまで変更されることになり、自分の作品を台無しにされた鈴木みやこは、ついに堪忍袋の緒が切れて、スタジオに立てこもってしまう。

Wikipedia参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wikipediaフル稼働過ぎっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、何が好きかって…

 

ワンシチュエーションムービーってとこ!一ヶ所で、その日1日を描いているのが好きなんだよねぇ!!!

それは、『12人の優しい日本人』『THE 有頂天ホテル』等々、三谷さんのワンシチュエーションで人間模様を撮らせたら右に出る人はいないと思う!!!

 

 

 

って、ちょっと言い過ぎたかも…笑

 

 

 

福田雄一監督の『明烏』も佐藤祐市監督の『キサラギ』も面白かったしね!!!

 

 

 

限られた空間の中でトラブルが発生し、誤解が誤解を招き、登場人物が右往左往する様ってのは面白いけど、それを表現するのって大変だと思う!

 

 

 

 

で、本題の『ラヂオの時間』なんだけど…

 

もう!最高じゃない?!笑

 

ラジオドラマをとるスタジオの中で、怒る人、困る人、なだめる人、振り回される人、奮闘する人、冷静な人、いい加減な人、どうでもいい人…笑

あんな密室の中、色んな感情を見せる人たちが事態を収拾しようするんだけど、すればするほど複雑になっていって、でも結局は、違う形のハッピーエンドが迎えることが出来、みんな笑顔になる!

観る者をハラハラさせておきながら、笑わせ、時にイライラもさせられ、でも最後はスッキリ爽やかな気持ちになる。こんなハッピーにさせてくれる映画、嫌いな人いなくない!?

 

 

 

でね、二作目の…

 

 

 

12人の優しい日本人

 

 

 

これも、ワンシチュエーションムービー!

監督は三谷さんではないけど、原作と脚本をしてる作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また次回にします!!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回なんか~いっ!!!!!!!!