読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】『LIFE!』の素晴らしさを伝えたい

映画

 

 

先日、映画のブログを書いたので…再び…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパン短っ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画は好きなんですけど、私…趣向に偏りがありまして…

 

 

ホラー、戦争、病気…とかの悲しい映画が苦手で…

 

 

おまけに、出演されている俳優さんによって観る観ないもあるので…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『結果、人よりも観てないんじゃねぇか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という、一抹の不安もあるんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっ、気にせず書きます!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンタル強っ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は『200本のたばこ』でしたが、今回もまた群集劇です!

 

 

何故かと言うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と漢字を間違えていたからですっ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーでもいいわっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

もう…

 

 

 

 

恥ずかしいぃ…

 

 

 

小説とか読んでて、漢字は書けなくてもある程度の漢字は読めているはずなのにぃ…泣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ…

 

 

 

 

私のブログを校閲してくれる人募集しようかなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

《急募》

“私のブログの校閲をしてくださる方募集!”

年齢制限:無

給与・賞与:無

有給:無

交通費:無

手当等々:無

昇給:給与の支給がないため、もちろん無

(採用条件:身長175㎝以上のイケメン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラック過ぎやろっ!!!!!!!!

 

 

 

誰も来~へんわっ!!!!!!!!

 

 

 

よぅこんな図々しい募集要項書けたなっ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっ、もし来てくれたらラッキーくらいの感覚でぇ~♪笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな奇特な人おらんわっ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってのは冗談冗談~!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群集劇だって分かって、ちゃんとここで訂正とお詫びをしたいと思います!

 

 

 すみませんでした。今後、誤字脱字あったら許してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って事で、本題に入ります♪

 

 

 

 

ぶっちゃけ、群集劇ではないです!!!

 

 

 

 

 

 

 

『LIFE!』

ベン・スティラー主演、監督、制作と、ベンが多方面に渡り携わった作品。また、ベン・スティラーらしさが随所に散りばめられているのが分かる。

 

 

 


f:id:min5minmin:20170112181010j:image

 

 

 【あらすじ】

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というスローガンを掲げる伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』。

ウォルター(ベン・スティラー)は、『LIFE』編集部のネガフィルム管理部門で真面目に働きながらも、地味で平凡な人生を送る冴えない男。

想いを寄せている同僚のシェリル(クリステン・ウィグ)に直接声を掛ける勇気もない。しかしお得意の空想の世界では、時にアクションヒーロー、時に勇敢な冒険者となり、シェリルに対して情熱的な台詞を言うことも出来た。しかし、所詮それは空想の世界の出来事でしかなかった。

ある日出社したウォルターは、突然のLIFE誌の廃刊を知らされる。

LIFE誌を代表するフォト・ジャーナリストであり、冒険家のショーンショーン・ペン)は、いち早く事業再編による廃刊を知っており、「自身の最高傑作ゆえに、最終号の表紙に相応しい」と記す「25番目のフィルム」をウォルターへ送る。しかし、そこには25番目のフィルムはなく、撮影フィルムから欠けていた。

上司は、最終号の表紙を飾る予定の、25番目のフィルムの早急な提出をウォルターに求める。

25番目のフィルムの在処はショーンしか知らないと悟ったウォルターは、映像が写っている残りのフィルムを元に、シェリルの協力を得てショーンの所在を推理していく。

気がつけばウォルターはオフィスを飛び出し、ショーンを見つけるべく飛行機へ飛び乗った。この瞬間からウォルターの、空想の世界ではない、現実の世界での冒険がはじまる。同時にこの旅は、彼自身の人生の転機、思いがけない人々との出会いの旅となるのであった。

Wikipedia参照)

 

 

 

 

 

 

って…

もう、これ以上書く事ないってくらいじゃなぃ?笑

 

 

 

でも、あえて言わせてもらうなら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽がお洒落で素晴らしいっ!!!!!

 

 

 

どこか昔っぽく懐かしい感じのする音楽は、本当に心地よく、そして時に勇気を与えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンは、元々コメディー映画をいくつも出演されていて、何とご両親共にコメディー俳優さん!ちなみに、お姉さんも女優さんという芸能一家!だからなのか、所々ユーモアがまじり思わず笑ってしまう。

人生をかけている男の真面目さ真剣さの中の時折見せるユーモアは絶妙な加減で、淡々と描かれるヒューマンドラマではない。

 

 

アメリカ特有の“オーバーな感情表現”が少ないウォルターの心情が、日本人には理解しやすいのではないだろうか。

 

 

細やかな動きや顔の表情だけで感情を表すウォルター。そして、アメリカ人らしいウォルター。その二面性のバランスがよく、ベン・スティラーとは素晴らしい監督である思った。

また、最高の俳優さんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見終わると、心の底から清々しい気持ちになれる!!!

そして、『LIFE(人生)』って面白いのかも…とさえ、思わせてくれる作品だ!

 

 

 

 

是非とも、たくさんの方に観て頂きたいっ!!!!!!!!

 

 

結構、真面目に、そして長文を書いたので疲れた…笑

 

 

終わる!!!笑